静岡市の文化財

お知らせ

2016.12.02県天然記念物「家康手植の蜜柑」の収穫を行います!

四百年以上前に家康公が自らお手植えされたと伝えられる蜜柑が、今年も実りました。今年は、静岡市と郷土学習を実施している市立城内中学校2年生160名と共に蜜柑の収穫を行い、文化財としての価値を学び、家康公や駿府城の歴史を顕彰していきます。

また生徒たちが、収穫した蜜柑を試食し、その感想などを「みかんカード」に記入します。そのカードは蜜柑と一緒に日本平動物園などで一般配付します。

また、静岡商工会議所 観光・飲食部会による「()此處(ココ)()ル」プロジェクトと連携して、「家康手植の蜜柑」を活用していきます。活用の第一弾として小柳津(おやいづ)(せい)(いち)商店(雅正庵)が蜜柑を使用したお菓子を平成29年2月頃販売予定です。

蜜柑 10.jpg

「家康手植の蜜柑」

 言い伝えによると、大御所徳川家康公が駿府城に御在城の折、紀州(現在の和歌山県、当時の藩主は浅野氏)より献上された鉢植えのみかんを、駿府城の天守台辺りに自ら植えたものと言われています。

 このみかんの木は「ほんみかん」(紀州みかん)と呼ばれる、鎌倉時代に中国から伝えられたみかんの一種です。香りが強く種のある小形の実を結ぶのが特徴で、静岡地方のみかんの起源を知るうえで貴重なため、昭和25年に県の天然記念物に指定されました。


日時:平成28128日(木) 午前9時から ※雨天中止

場所:(1)収穫作業 駿府城公園「家康手植のミカン」付近

    (2) 配付 1210日(土) 

・日本平動物園来園者 先着100組 ※1グループにつき1

(1袋につき蜜柑2個とシティプローモーショングッズ入り)

・静岡市文化財資料館(静岡浅間神社境内) 希望者50

※「駿府城公園」「文化財課」では配付を行いません。

※蜜柑の配布は雨天の場合も実施します。


お問い合わせ先:

静岡市 観光交流文化局 文化財課  文化財保護係 

(電話)054-221-1066

※配布に関してのお問い合わせも上記の連絡先までお願いします。


Page Top