静岡市の文化財

徳川家康 大御所と駿府城下町

徳川家康は幼年期、壮年期、そして晩年と3度の期間を駿府(現静岡市街地)で過ごしました。このうち壮年期と晩年には駿府を自身の拠点に定め、駿府城を居城として整備しました。特に晩年の「大御所時代」には、家康率いる「大御所政権」が江戸幕府の補助的機関として大きな影響力をもち、駿府城下町も政治・外交の中枢都市として栄えました。

竹千代像 静岡駅

竹千代像 静岡駅

今川の人質として駿府で過ごした幼年期の家康を表した銅像です。「竹千代」は家康の幼名です。

壮年期の家康像 静岡駅

壮年期の家康像 静岡駅

家康の二度目の駿府居住の頃、家康40代後半の姿を表した銅像です。題字は徳川宗家十八代徳川恒孝によって書かれています。

晩年の家康像 駿府城公園

晩年の家康像 駿府城公園

「大御所」として駿府に移ってきた頃の家康の姿を表した銅像です。家康は晩年の65歳から亡くなる75歳までの約10年間を駿府で過ごしました。

Page Top