静岡市の文化財

静岡市歴史文化施設

2019.02.221階から2階へ・・・タイムスリップ!

歴史文化施設を訪れた皆さんに楽しく館内で過ごして欲しい!と、現在たくさんのしかけを考えています。

施設の入口を入って、展示室に行きつくまでの「ルート」にも工夫が施されていますので、今日はそのルート

について紹介します。

施設内部①.jpg

【御幸通り側の入口から施設に入ったイメージ画像】

入口から入ると、ガラス張りの廊下が奥まで続いているのが見えますが、この廊下は2階の展示室までのびる

回廊になっています。

ガラス張りで見通しが良く外の様子が見られるので、季節、時間、お天気などで施設の印象が訪れるたび変わるの

も、楽しみの一つになるかもしれません。

そこからゆっくり外の景色や巽櫓を眺めながら奥へ進むと、吹き抜けの空間と共に、

2階へ上がるスロープが現れます。このスロープは歴史体感展示の空間をぐるりと回るように進みます。

平面図(回廊から展示室へ).jpg 【施設平面図】

このぐるりとまわるスロープを進むと、2階の展示室にたどり着きます。

現在の静岡から家康公の暮らした400年前の駿府まで、まるでタイムスリップをするように

2階までのスロープを上がっていくのです。

家康公が駿府にいた頃は、たくさんの外国人や大名が家康公に会うため、この駿府を訪れたことでしょう。

施設を訪れる皆さんもその時代にタイムスリップして、ぜひ家康公に会いに行くような気分で

この1階から2階へのスロープを登ってもらいたいと思います。

このスロープはゆったりした上りなので、階段が大変な方でも、子供さんでも、展示を眺めながら

気軽に歴史の世界に足を運んでもらうことができるので、楽しみにしていてください。

Page Top