静岡市の文化財

静岡市歴史文化施設

2019.01.29家康公は〇〇な静岡が好きだった!?

寒い日が続いていますが皆さん風邪などひいていませんか。

けれど、寒い寒いとは言いつつも、静岡市は全国的に見れば暖かいほうですよね。

全国の天気予報などを見ていると、他の地域に比べて暖かいことがよくわかります。

温暖な静岡に暮らすことができる幸せを毎年この時期感じるのですが、

実は、同じことを徳川家康公も感じていたのかもしれません。

そもそも、なぜ大御所となった家康は江戸から駿府に移り住んだのでしょうか。

その理由の一つが「冬、暖かく、過ごしやすいから」とも言われています。

他にも駿府を選んだ理由としていくつか伝えられています。

・幼いころ過ごした土地で、故郷のように感じるから

・お米がおいしいから

・南西に大井川・安倍川が、北東には箱根山と富士川があり、要害として堅固だから

・幕府(江戸)に参勤する大名たちが自分に拝謁する際、便利であり、富士山が見えて、景色が良いから

実際はどうだったのでしょうか。家康公がなぜ駿府の地を選んだのか、想像してみるのも楽しいですね。

新しくできる歴史文化施設で、家康公の思いを感じながら、静岡の歴史・魅力を改めて知り、

感じてもらえるよう、現在展示制作を着々と進めています!

どんな展示になるのか、今後少しずつこちらで紹介していきますので、ご期待ください!

施設内部③.png 【展示イメージ画像】

Page Top