静岡市の文化財

静岡の城

静岡市の歴史を物語る「城館」

静岡市は中世には今川や武田、近世には豊臣や徳川といった大名たちによって支配されてきました。各地に残されている「城館」も支配者が代わるごとに改作が重ねられており、歴史の流れとともに形を変えてきました。

丸子城

静岡市西部、駿河区丸子泉ヶ谷と大鈩の間の丘陵地に位置する丸子城は、東海道に隣接する重要な拠点であり、今川氏が駿府に拠点を移した直後かそれ以前の南北朝時代に作られたと考えられています。武田氏の駿府侵攻後は武田氏の家臣が治め、「丸馬出」など武田氏の築城技術特有の改修が行われました。こうした遺構から、長年武田氏の城郭の特徴を備えた城として注目されてきましたが、最近の研究では、徳川氏の時代に改修された可能性も指摘されてきています。

丸子城 横堀

丸子城 横堀

Page Top