サイト閉鎖のお知らせ

 当サイトは、令和6年3⽉31⽇をもちまして閉鎖いたします。⻑きに渡り当サイトをご利⽤いただきまして誠にありがとうございました。
 なお、当サイトの情報の一部は、令和6年4月1日以降は静岡市公式ホームページでご覧いただけます。

令和5年12月15日 静岡市 観光交流文化局 歴史文化課長

歴史文化のまち静岡さきがけミュージアム

最近の記事

カテゴリ

アーカイブ

文化財ブログ

2020.08.18実測について紹介します!

遺物の整理作業の中で、記録するという点で大きな役割を果たしているのが図化作業です。
その図化作業の中で、今回は「実測(じっそく)」に焦点をあて紹介します。
実測とは、出土した遺物・遺構の状況をよく観察し、必要な部分を計測して、方眼紙に図として記録する作業です。観察による得られた情報も記録します。
これで発掘調査がまるわかり!?発掘コラム③では、石垣(遺構)の実測を取り上げましたが、今回は出土品(遺物)の実測を紹介します。

IMG_3431.JPG
 【実測を待つ出土品の一部】

実測には色々な道具を使いますが、写真は真弧(マコ)という実測用具を使った実測の様子です。
薄い竹刃を何枚も連ねてあり、対象物に押し当てることで輪郭を写し取ることができます。

IMG_3430.JPG 画像(○).png
【真弧(マコ)を使った実測】
真弧等で細かい部分のサイズを測った後、目で確認しながら方眼紙に描いていきます。
方眼紙に図化することで、実際の遺物を見なくても、大きさ等が確認できるようになります。

4.JPG【金属製の遺物を方眼紙に書き込む様子】
遺物の実測を紹介しましたが、このあと作成した図面(実測図)は、どのように整理されるのでしょうか?
それはまた別の機会に紹介します。

Page Top