静岡市の文化財

最近の記事

カテゴリ

アーカイブ

文化財ブログ

2017.02.27唐紙の貼り込みと、本紙の貼り込み

下貼りの作業が終了し、裏面には唐紙(からかみ)[注1]が貼られました。

この唐紙は京都の工房で、一枚一枚木版で手刷りされています。

今回、東海道図屏風に使用した唐紙は、手漉き(てすき)の和紙に灰色の絵具を塗り重ね、木版で雀型紋を雲英(きら)の絵具で付けていきます。雀型紋は屏風によく使われているものだそうです。

具引きをする2 (14)リサイズ.JPG

(和紙に絵具を塗り重ねているところ)

雀型紋様を押す2 (10)リサイズ.JPG 雀型紋様を押す3 (28)リサイズ.JPG

(木版で模様を付けているところ)

雀型紋様を押す2終了乾燥 (4)リサイズ.JPG

(雀型紋:2羽の雀が飛んでいます)

出来上がった唐紙は、静岡に送られてきます。

屏風の幅に唐紙を継いだ後(貼り足した後)、上下の模様を合わせるように下地に貼り込んでいきます。

DSCN3631リサイズ.JPG DSCN3649リサイズ.JPG

(唐紙を貼る作業)

そして、唐紙の貼り込みが終わり、いよいよ本紙(屏風の絵)を貼り込む作業が開始され、だんだんと屏風の形になってきました。

DSCN3658リサイズ.JPG

(本紙の裏に糊づけをしている作業)

DSCN3659リサイズ.JPG IMG_9619リサイズ.JPG

(下地に本紙を貼り込む作業)

今後も作業の進捗状況をお伝えしていきます。

 [注1]唐紙とは唐(中国)から日本へ伝わった美しい紙で、日本でも版木などを使って独自の紋様が写され、作られるようになりました。主に襖や屏風の裏などに使用されています。

Page Top