サイト閉鎖のお知らせ

 当サイトは、令和6年3⽉31⽇をもちまして閉鎖いたします。⻑きに渡り当サイトをご利⽤いただきまして誠にありがとうございました。
 なお、当サイトの情報の一部は、令和6年4月1日以降は静岡市公式ホームページでご覧いただけます。

令和5年12月15日 静岡市 観光交流文化局 歴史文化課長

歴史文化のまち静岡さきがけミュージアム

最近の記事

カテゴリ

アーカイブ

文化財ブログ

2016.03.30企画展「廿日会祭と稚児舞」 ここが見どころ その4 鉾が動く!

静岡浅間神社で注目すべき祭りは、廿日会祭だけではありません。

       

初申祭(はつさるさい)、三月会(さんがつえ)、流鏑馬(やぶさめ)など、

大変重要な行事が、いくつも伝承されてきました。

企画展では、静岡浅間神社に残る江戸時代の祭礼図を一挙大公開!

IMGP2654.JPG

IMGP2653.JPG

IMGP2660.JPG

       

ここでは、そのうちの

初申祭祭礼図の一場面を紹介しましょう!

          

初申祭は、浅間神社の祭神である

木之花咲耶姫命(このはなのさくやひめのみこと)が、

4月と11月の初未の日に賤機山の中腹にある

山宮(現在の麓山神社)まで出かけて行き、

翌日の初申の日に戻ってくるという行事です。

      

その初申祭の祭礼図に描かれているコレ!

IMGP2667.JPG

      

なんだかわかりますか?

        

房状の紙垂(しで)に覆われた鉾(ほこ)です。

房の下からは足が見えていますので、

中に人が入っているのがわかります。

        

当時の古文書と照らし合わせて、この祭礼図を見てみると、

この房の中に神様を籠らせて移動していたことがわかります。

              

京都の祇園祭の山鉾巡行のように、

鉾は各地の祭りで大切な役割を担ってきました。

浅間神社でも、かつてはお祭りで「鉾が動く」ことが特徴とされていて、

各地の浅間神社で同じような行事が執り行われていたようです。

        

ちなみにこの初申祭、今は廿日会祭の中で行われています。

毎年4月3日の昇祭で木之花咲耶姫命が麓山神社に出かけ、

4月4日の降祭で、浅間神社に戻ってきます。

祭の規模や形は、江戸時代と様変わりしていて、

鉾も出ませんが、

各地の浅間神社で伝承が途絶えている中、

静岡浅間神社では、今もこの伝統行事を守り続けています。


Page Top