サイト閉鎖のお知らせ

 当サイトは、令和6年3⽉31⽇をもちまして閉鎖いたします。⻑きに渡り当サイトをご利⽤いただきまして誠にありがとうございました。
 なお、当サイトの情報の一部は、令和6年4月1日以降は静岡市公式ホームページでご覧いただけます。

令和5年12月15日 静岡市 観光交流文化局 歴史文化課長

歴史文化のまち静岡さきがけミュージアム

最近の記事

カテゴリ

アーカイブ

文化財ブログ

2015.04.02静岡浅間神社保存修理の現場からー古い漆を取り除く、掻き落とし作業が進んでいます!ー

大歳御祖(おおとしみおや)神社本殿の

修理作業が順調に進んでいます。

      

今行われているのは、漆の掻き落とし作業です。

IMGP3963.JPG

      

IMGP4790.JPG

40年前の修理で施された

漆の厚みが分かりますか?

       

下地から中塗り、上塗りまで、

何度も何度も塗り重ねられた漆を

職人さんが丁寧に掻き落としていきます。

IMGP4595.JPG

       

金具類は、

京都の工房へ持ち帰って修理するため、

取り外します。

IMGP2953.JPG

IMGP2926.JPG

取り除いた金具の裏側に

前回工事で施された鍍金(めっき)が残っていました。

IMGP2946.JPG

    

      

屋根を支える向拝柱(ごはいばしら)です。

IMGP4797.JPG

鉄の楔(くさび)が錆びて、

塗装を劣化させていました。

       

周りの漆を掻き落としてみたところ、

この楔は、割れの入った木材を補強するために

打ちつけられていたことが確認できました。

IMGP4796.JPG

      

おそらく、前々回、

戦前の修理で打ちつけられたものだと思われます。

今回の修理では、この鉄楔を取り除き

別の素材に変更する予定です。

        

ところで、この向拝柱、

材にはケヤキを使用しています。

      

修理工事の設計監理をしている

文化財建造物保存技術協会の担当者によれば、

曲がりの出やすいケヤキを

向拝柱に使う事例は少ないとのことで、

「よほど素性の良いケヤキを選び

 伐採した後、十分にねかしてから使ったのだろう」

とのことです。

        

古い漆の掻き落としが終わった後は、

いよいよ塗り直し作業に入ります。

IMGP2935.JPG

IMGP2930.JPG

      

この文字は、

それぞれの部材をどのように

塗り直していくかを示したものです。

        

「掻合(かきあわせ)」と「本直し」では、

修理方法が異なります。

「本直し」の方が、工程が多くなります。

        

例えば普段から陽のよく当たる箇所は

「本直し」にするといったように、

部材が置かれた環境や現在の状態に配慮して

修理方法を選択していくのです。

        

現場では、

もうしばらく、掻き落としの作業が続きます。

Page Top