歴史文化のまち静岡さきがけミュージアム

最近の記事

カテゴリ

アーカイブ

文化財ブログ

2019.08.13「有東木の盆踊」について

有東木の盆踊①.JPG

 8月14日(水)に葵区有東木で「有東木の盆踊」が行われます。

 「有東木の盆踊」は平成11年に国の重要無形民俗文化財に指定され、毎年お盆の時期(8月14日・15日)に有東木地区にある東雲寺境内で行われています。

 この盆踊りの特徴として、

(1)男踊りと女踊りに分かれていて、現在は男踊りが10演目、女踊りが13演目行われていること

(2)歌・踊り・太鼓の3つの役柄で構成されていること

(3)天守閣をかたどった灯籠を頭上に乗せた男性が踊りの輪の中に登場し、灯籠を左右に大きく回しながら踊ること

(4)太鼓・コキリコ・ササラという打楽器と、扇子を使用すること

(5)15日の最後にムラの辻まで踊りながら向かい、灯籠につけた紙の飾りを外し、燃やしてしまうこと(これを有東木地区では「送り出し」と呼ぶ)

 以上のような特徴があり、盆に先祖を迎えて、ともに踊りあかし、最後に先祖を送り出すという盆踊りの本来的な意義を今に伝える民俗芸能です。

 また、中世から近世初期に流行した歌や華やかに飾った灯籠などは室町時代に流行した風流系の踊りを伝承するものであり、

大変貴重です。

 

 8月3日(土)には盆踊りの準備のひとつである灯籠づくりが行われました。

この灯籠は名古屋城をかたどったという説があります。

有東木の盆踊②.JPG 

有東木の盆踊③.JPGのサムネイル画像

 細く切り込みを入れた色紙を、配色を考えながらバランスよく貼ります。

 切り込みを入れる理由は、灯籠を左右に振りながら踊るとき、見栄えをよくするためです。

 8月10日(土)には盆踊りの練習が行われました。

有東木の盆踊り④.JPG

有東木の盆踊り.JPG

 今年の日程は下記のとおりです。

★有東木の盆踊

日時:8月14日(水)午後6時30分ごろから(雨天のため東雲寺のお堂の中にて行う予定です)

※8月15日(木)は台風接近のため中止

会場:東雲寺(葵区有東木776)

ご興味がある方は、ぜひ足を運んでみてください!

2019.08.09駿府城跡天守台発掘現場へのアクセス

発掘現場は、静岡市の中心地にある駿府城公園内にあります。

IMG_0853.JPG【2019年7月現在の現場】

駿府城公園内には、発掘現場のほか駿府城の歴史などを学べる施設もあります。

気持ちのいい緑もたくさんあるので、多くの方の憩いの場所になっています。


駿府城公園は、JR静岡駅から徒歩約15分、新静岡駅(静岡鉄道)から徒歩約12分となります。


発掘現場のアクセスは、静岡駅または新静岡駅方面からお越しになる方は、東御門から公園内に入るのがおすすめです。


県庁方面からお越しになる方は二ノ丸橋、静岡市中央体育館方面からお越しになる方は北御門、静岡地方裁判所方面からお越しになる方は西門橋から公園に入ると便利です。

駿府城地図.PNG



お車でお越しの際は、駿府城公園に専用の駐車場がない為、近くのコインパーキングか駿府城公園外堀側にある市民文化会館の地下駐車場(有料)が空いていれば停められます。



IMG_0878.JPGのサムネイル画像【有料の地下駐車場入り口】

観光周遊バス「駿府浪漫バス」も運行されていますので、ご利用ください。最寄りのバス停は「東御門」と「駿府城ひつじさる櫓」の2ヶ所です。


※土日で運行コースや時刻表が変わってきますので、ご利用の際はご確認ください。


※駿府浪漫バスの運行について

IMG_0873.JPG【東御門 停留所】

IMG_0885.JPG【駿府城ひつじさる櫓 停留所】


≪駿府城公園までのアクセス参考サイト≫

●過去のブログより(こちらをご覧ください)

●静岡市 駿府城跡・駿府城跡天守台発掘調査 

●駿府城公園公式HP (ご利用案内 アクセス)

2019.08.08「駿府城跡天守台 発掘調査NAVI vol.4」ができました!

発掘現場にある「駿府城跡天守台 発掘調査NAVI」の第4弾が新しく出来上がりました。


IMG_0869.JPG【A4サイズ 三つ折り】

発掘調査の成果や見どころ、今後のイベントについて紹介していますので、ぜひ手にしてください。

発掘現場内の「発掘情報館きゃっしる」等で配布しています。

IMG_0870.JPG【発掘情報館きゃっしる】

「発掘情報館きゃっしる」は平日、土日祝にかかわらず、9:00~16:30(最終入場16:00)で開館しています。

暑い日が続きますので、熱中症に気を付けてお越しください。

2019.07.17お堀に住む様々な生き物

発掘調査現場は広い公園の中にあるため、緑がたくさんあり、色々なところに生物が生息しています。

石垣北辺.JPG【石垣北辺】

お堀の中には小さい魚が生息しています。

西側お堀.JPG【西側お堀から撮影】

魚を求めてか、サギやカモなども来ます。

水が大きく溜まった場所には、時々、鵜が飛んできて、魚を捕まえるところが見られるそうです。

ザリガニ.JPG【ぼんやりザリガニが見えます】

場所によってはザリガニもいます。

いつも近くで仕事をしている作業員は、カラスがザリガニを捕食しているのをよく見るそうです。


また、お堀から出てきた石垣の石を積んだ山の付近には、タヌキが出るそうで、こちらも現場で何人かが目撃しています!

石山.JPG【もしかしたらタヌキが...】


毎日、発掘現場で仕事をしていると、色々な生き物に遭遇することもあります。

皆さんも見学していると出会うことがあるかもしれません。




2019.07.16家康公の後ろ姿

駿府城公園にある徳川家康公の銅像は、家康公の大御所時代の姿を表していて、
メディアでよく紹介されています。
徳川家康公銅像.JPG 【徳川家康公銅像】

発掘調査現場は、家康公の銅像のすぐ後ろにあります。
クリアパネル越し.JPG 【家康公銅像側より クリアパネル越しに撮影】

家康公の銅像側から発掘調査現場の中を覗けますが、見学ゾーンからは家康公の後ろ姿がとっても見やすいのをご存知ですか?

後ろ姿.JPG 【見学ゾーンより】

現場作業員が着ているビブスと同じ葵の御紋がついた陣羽織、刀の様子も良く見えます。
後ろ姿2.JPG

発掘現場の見学ゾーンを訪れた時は、家康公後ろ姿も眺めてみてください。

いつも見ている家康公の銅像と少し違った姿が見ることができます!

Page Top