静岡市の文化財

最近の記事

カテゴリ

アーカイブ

文化財ブログ

2017.03.21東海道図屏風の修復の様子が放映されます!3月20日(月)~

平成33年度開館予定の歴史文化施設建設に向けた取り組みの中で、

今年度実施した「東海道図屏風」の修復と、その見学会の様子を密着取材した、

番組が放送されます。

駿府城や三保松原など、本市の豊かな歴史が描かれた東海道図屏風。

江戸時代に描かれ、当時の東海道の賑わいを今に伝えてくれます。

長い年月の間に劣化してしまった屏風が文化財修復の職人により、どのようによみがえるのか!

ぜひ、ご覧ください!

番組タイトル

【特別番組】「駿府」繁栄の源 よみがえる東海道図屏風~歴史文化施設建設に向けて~

【放送日時】
平成29320日(月)~324日(金)
14
001430111チャンネル
19
001930112チャンネル

***************

≪番組情報はこちらから≫

株式会社TOKAIケーブルネットワーク

トコチャンウェブHP

http://tocochan.tv/archives/3034

***************

≪東海道図屏風ついてはこちらから≫

静岡市の文化財

「東海道図屏風」修復日記

http://www.shizuoka-bunkazai.jp/tokaido-zu-byobu/

東海道図屏風の紹介や、修復過程のブログを配信しています。

2017.03.15現場をドローンで撮影しました

平成29年2月27日(月)、発掘現場全体の様子を記録するため、ドローンで撮影しました。発掘調査では空中撮影はラジコンヘリで行うのが一般的ですが、天守台発掘調査では流行に乗ってドローンを採用!モニターで映像を確認しつつ、抜群の安定感で撮影が出来ました。
今後「発掘情報館きゃっしる」では、今回のドローンでの映像を含め、平成28年度の調査の様子をまとめたDVDを放映予定です。お楽しみに!

【空中静止しているドローン】
ドローン①.JPG

【操縦をしている様子】
ドローン②.JPG

★3月16日(木)より、石垣に防護用ネットを設置する作業を行います。見学ゾーンと発掘情報館きゃっしるの見学は通常通り可能です。
防護ネット看板.JPG


2017.03.13今年度の発掘調査を振り返って

昨年8月から開始した今年度の調査では、駿府城の天守台西側一辺最大で高さ約5.6m、南北方向に68mほど残る石垣が見つかりました。これは、絵画資料に残る天守台石垣の寸法とほぼ同じでした。

調査を担当して、天守台を平面から見ただけでは、火災や地震などの崩落による修理で新たに使用した栗石なのか、それとも排水用に元々使用されていた栗石なのかを判断することはとても困難であるため、石垣の積み方(側面)と栗石(排水用)検出状況の断面を注意深く観察し、造成や積み直しの年代を推定する必要があると感じました。

平成28年度の調査は、2月末で終了しました。3月から4月までは、平成29年度の準備期間となっています。5月頃から重機による掘削作業を開始して、調査終了は同じく来年2月を予定しています。
今年度の発掘調査は終了しましたが、見学ゾーンと発掘情報館「きゃっしる」は開館していますので、みなさまのご来場をお待ちしています。

【天守台石垣西辺 北より】

IMG_1816.JPG

【裏込め石および裏込巻石と直行する石列 西より】

IMG_1821.JPG

【今年度の調査範囲】

見える化1年目平面図.png

【来年度の調査範囲】
発掘2年目計画図.png

2017.03.02天守台石垣隅石の根石と堀底

先日の現場見学会でも公開を行いましたが、214日(火)、天守台石垣(北西角)の根石(一番下に積む礎石)と本丸堀の堀底を確認しました。
重機で掘削した面よりもさらに約75㎝手掘りで掘り下げた結果、天守台北西角の根石と本丸堀の一番下の面を発見しました。今のところ、根石の下には、石の下に据え置き石垣を安定させる「胴木」と思われる木材は見つかっていません。残念ながら、出土品は瓦のみで、量は当初想定していたよりも多くありませんでした。
一般的な石垣断面模式図.png

【天守台北西隅石の検出状況 北より】

天守台石垣隅石①.jpg

【天守台北西隅石の検出状況 西より】

天守台石垣隅石②.jpg

2017.03.012月24日(金)・25日(土)の現場見学会

平成29年2月24日(金)と25日(土)、2日間にわたって現場見学会を開催しました。

24日はプレミアムフライデーの企画として、大阪くらしの今昔館 館長の谷直樹さんによる講演会「駿府における徳川家康の御大工・中井大和守」と合わせて見学会を行い、事前に申し込んでいただいた約400人の方にご来場いただきました。
24、25日現場見学会①.JPG
【見学の様子】
24、25日現場見学会②.JPG

24、25日現場見学会③.JPG

25日(土)は参加自由だったため、1日で約1500人の方にご来場いただきました。浜松や愛知など市外からお越しいただいた方も多く、改めて今回の発掘への関心の高さを感じました。
【天守台側から撮影】
24、25日現場見学会④.JPG

24、25日現場見学会⑤.JPG

【今回特別に見学可能とした本丸堀の石垣(写真右上)と天守台北西隅(写真左下)】
24、25日現場見学会⑥.JPG

【本丸堀から発見された大きな石(こちらも特別公開)】
24、25日現場見学会⑦.JPG

【見学記念ボードと作業員衣装も大人気】
24、25日現場見学会⑧.JPG

【同時開催の駿府城タイムトラベルツアーもほぼ満員でした】

24、25日現場見学会⑨.JPG

★当日の配布資料 → 見学会資料2017.2.25.pdf



Page Top