歴史文化のまち静岡さきがけミュージアム

最近の記事

カテゴリ

アーカイブ

文化財ブログ

2018.10.17徳川家康の駿府城の内側から豊臣秀吉が築かせた城を発見!2日間限定臨時公開!

<お知らせ>

 今回新たに発見された天守台の周辺の見学路を2日間限定で臨時公開します!石垣を間近で見学できますので、ぜひご参加ください!

日時:平成30年10月20日(土)、21日(日) 9:00~16:00(荒天時中止)

場所:静岡市葵区駿府城公園1-1 駿府城跡天守台発掘調査現場

   随時調査員の説明を行います。

※見学の事前申込は不要です。

※入場料は無料です。

※調査現場内は足元が悪いため、運動靴等でお越しください。

金箔瓦の展示は行いません。 現在、金箔瓦を展示するための準備作業(保存処理など)を行っています。

金箔瓦の展示は平成30年11月22日(木)からを予定しています。



<発掘調査で発見された内容について>

~金箔瓦と"秀吉が築かせた天守台"が出土~

 天守台の発掘調査で新たな発見がありました。

 見つかったのは、金箔で装飾された瓦(金箔瓦)330点と、徳川家康の駿府城とは異なる形状の石垣=秀吉が築かせた天守台=(大きさ:南北約37m×東西約33m)の2つです。

 専門家の先生にお聞きした結果、今回発見されたのは、天正18年(1590)に、豊臣秀吉が、子飼いの部下である中村 一氏(なかむら かずうじ)という武将に築かせた城であることが分かりました。

 当時、この城の天守台の上には、金箔瓦を使用した豪華絢爛な天守が建っていたと考えられます。


キャプチャ.JPG

新発見 ①大量の金箔瓦(330点が出土)

IMG_3042.JPG

新発見 ②秀吉の天守台(南北約37m×東西約33m)

天正の石垣.JPG

2018.10.09見学ゾーン入場規制のお知らせ

 発掘現場全体の様子を記録するため、ドローンの撮影を平成30年10月10日(水)10:30~11:30まで行います。撮影の間は入場を制限しますので、ご理解ご協力をお願いいたします。

2018.10.05「静岡市文化財特別公開」を開催します!~10月開催分ご紹介~

☆★☆「静岡市文化財特別公開」☆★☆

文化財特別公開とは、文化庁が定めた「文化財保護強調週間」(11月1日~11月7日)に合わせて、通常公開を行っていない静岡市内の文化財について、期間限定での公開を行うほか、特別な解説や見学会を開催し、文化財に触れていただく機会を提供するものです。

今年度は10月15日(月)~12月1日(土)の期間で、静岡市内10ヶ所の文化財を特別に公開します。

まずは10月開催の文化財公開情報をご紹介しますので、ぜひお越しください!

※駐車場に限りがある場合がございます。できるだけ、公共交通機関を使用してお越しください。

 

 

☆★☆10月に行われる特別公開☆★☆

①臨済寺(りんざいじ)

みどころ:「秋の特別公開」にて、普段見ることのできない庭園や文化財を公開します。

公開期間:10月15日(月) 10:00~15:00

拝観料:無料

お問合せ:臨済寺☎(054)245-2740

アクセス:葵区大岩町7-1

     JR静岡駅北口よりバス16番のりば「中原池ヶ谷線」乗車

    「臨済寺」下車、徒歩5分

 

②新光明寺 別院(しんこうみょうじ)

みどころ:国指定重要文化財「木造阿弥陀如来立像」について、期間限定で特別解説を行います。

公開期間:10月15日(月)~10月21日(日) 10:00~15:00

拝観料:300円

お問合せ:新光明寺☎(054)253-6231

アクセス:葵区伝馬町11-3 迦葉館7階

     JR静岡駅北口より徒歩5分

 

③坂ノ上薬師堂仏像群(さかのかみやくしどうぶつぞうぐん)

みどころ:昨年度、県指定文化財となった坂ノ上薬師堂内の仏像群を公開します。

公開期間:10月15日(月)~12月1日(土) 8:00~17:00

拝観料:無料

お問合せ:静岡市文化財課☎(054)221-1066

アクセス:葵区坂ノ上867-4

     ①JR静岡駅より車で約45分

     ②JR静岡駅北口よりバス3番のりば「藁科線」乗車

    「坂ノ上中」下車、徒歩1分

 

 

☆★☆10月に申込が始まる特別公開☆★☆

①清水湊 次郎長生家(じろちょうせいか)

みどころ:今年度、登録有形文化財となった「次郎長生家(旧高木家住宅)」について、普段立ち入ることの

     できない建物2階部分を特別公開するほか、通常非公開の資料も展示します。また11:00より次郎長

     生家についての解説を行います(要申込)。

     特別解説にご参加いただいた方には、「勝ち札」を差し上げます!

公開期間:11月4日(日)10:00~17:00

見学料:無料

お問合せ:静岡市文化財課☎(054)221-1066

お申込み:静岡市文化財課☎(054)221-1066

     10月15日(月)より受付開始、定員20名(先着順)

アクセス:清水区美濃輪町4-16

     ①JR清水駅より車で7分(駐車場5台)

     ②JR清水駅西口より3番バスのりば「三保山の手線」乗車

     「港橋」下車、徒歩5分

 

②一乗寺(いちじょうじ)

みどころ:庫裡書院にて県指定文化財「木造宝冠阿弥陀如来坐像」を、座禅堂にて市指定文化財

     「輪蔵 一切経共」を特別公開します。

     また、ご住職による一乗寺の文化財についての特別講話を開催します(要申込)。

≪見学にあたってのご注意≫本堂は現在工事中です。ご了承ください。

公開期間:11月25日(日)10:30~11:30、14:00~15:00

拝観料:無料

お問合せ:一乗寺☎(054)366-0182

お申込み:静岡市コールセンター☎(054)200-4894

     10月23日(火)より受付開始、各回定員30名(先着順)

アクセス:清水区庵原町1937

     ①JR清水駅より車で15分

     ②JR清水駅西口より1番バスのりば「庵原線」乗車

     「清水庵原球場入口」下車、徒歩2分

 

 

文化財特別公開チラシ(表)

文化財特別公開チラシ(裏)

 

 

☆ご質問・お問い合わせは文化財課(054-221-1066)へどうぞ。

2018.09.20「駿府城跡で体験発掘!」の参加者の声

8月から実施している「駿府城跡で体験発掘!」に参加された方のアンケートを紹介します!

「体験発掘に参加したい!」と思っている方も「体験発掘の雰囲気を知りたい!」と思った方も、ぜひ参加者の声を参考にしてみてください。体験発掘は10月まで開催していますので、ぜひご参加下さい!

詳細はこちら↓

http://www.shizuoka-bunkazai.jp/blog/201804/h30-1.html




平成30年8月分「駿府城跡で体験発掘!」 アンケート結果

 体験発掘の参加者は、静岡市内約40%、県内市外約30%、県外約30%と市外の方が多く参加しています。小学生(4年生以上)の親子連れや友人と参加のほか、1人で参加される方もいらっしゃいます。

「体験は楽しかったですか」という質問に対しては、約98%の方が「楽しかった」と答えてくれました。

その理由として

<発掘>

・発掘で本当にお城の瓦が出ると思わなかったので驚いた。とても満足。

・実際に実物に触れることができたので、お城があったことを実感することができました。

<拓本>

・瓦に色々な模様があって昔の人も分かるように工夫していたんだなとおもいました。

・文化財にじっくりさわれる時間で、説明していただけるのがうれしい。          

などの声を頂いています。その他にも

・3回目だが、県外から来たかいがありました。またやりたい。見守っていきたいです。

・短時間に様々な体験が手際よくできて良かったです。                 

など、体験発掘全般に対して満足の声を多く頂きました。

 参加したいと思った方は、ぜひお申込み下さい!

2018.09.03天守台の北東部を調査中です!

9月に入っても、まだまだ厳しい暑さが続いている駿府城跡天守台発掘現場では、現在天守台の北東部の掘削作業を進めています。

見える化全体図 png【現在の発掘調査場所】




 天守台と二ノ丸の間にある本丸掘を掘り進めると、天守台から本丸に続く石垣が姿を現してきました。

IMG_2596.JPG 【見学ゾーンから天守台北東部を眺める】

IMG_2602.JPG



 江戸時代に、この天守台から本丸に続く石垣には門があり、そこから二ノ丸に向かって橋が架かっていたとされています。

絵図にも橋が架かっている様子が描かれているので、調査で橋に関わるものが発見されるかもしれません。

今後も引き続き、天守台の東側を調査していきます。調査で発見があり次第、随時速報をお伝えしてきますので、お楽しみに!




【イベント情報】

「駿府城跡で体験発掘!」参加者募集中!

天守台で発掘を体験できる最後のチャンス!この機会をお見逃しなく

(お申込は静岡市コールセンター 054-200-4894 へ)

詳細はこちら↓

http://www.shizuoka-bunkazai.jp/blog/201804/h30-1.html

IMG_2537.JPG IMG_2541.JPG

【H30年8月に体験発掘を実施したときの様子】

Page Top