歴史文化のまち静岡さきがけミュージアム

最近の記事

カテゴリ

アーカイブ

文化財ブログ

2021.10.20きゃっしるの展示を一部更新しました!

きゃっしる内の展示を少し変更しましたので紹介します。

・発掘コラム「刻印瓦ってどんなもの?」を追加しました
入り口を入って右側の展示スペースです。
★IMG_0508矢印付き.jpg ★IMG_0509.JPG 
刻印瓦とは印が刻まれた瓦のことで、瓦職人が瓦を焼く前に瓦に印をつけていたとみられます。
発掘調査現場からは、天正期(戦国時代末期)、慶長期(江戸時代初期)、幕末(江戸時代末期)
3つの時期の刻印瓦を発見しています。
★IMG_0518.JPG
発掘調査現場から発掘された実物の刻印瓦を展示していますので、
どんな模様が刻まれているのかぜひ見に来てください。

・発掘調査なるほどBOOKを設置しました
入り口正面のパンフレットコーナーに設置してあります。
★IMG_0535矢印付き.jpg ★IMG_0532.JPG
【ブルーのファイルと埋文ぼうやが目印です】
こちらは発掘調査現場をもっと詳しく知りたい方向けの
きゃっしるでしか見ることのできないオリジナルの内容です。誰でも自由に閲覧できます♪
★IMG_0540.JPG【駿府城関連年表】
内容は駿府城に関連した年表や今川期の遺物・遺構・・・などなど歴史好きの方必見の1冊になっています!
もちろん、歴史に詳しくない方でも分かりやすく解説していますので、
ぜひきゃっしるに見に来てください。

2021.10.07発掘調査現場をドローンで撮影しました!

先日8月26日(木)に、発掘調査現場のドローン撮影を行いました。
撮影当日は快晴で絶好のドローン撮影日和でした。
★IMG_0024.JPGのサムネイル画像 ★IMG_0041.JPG 
普段見ることのできない上空からの発掘調査現場の撮影。
どんな景色が見られるのでしょうか?

こちらが実際に発掘調査現場上空から撮影した写真です。

★DJI_0413きゃっしる.JPG【拡大→】★DJI_0413拡大.jpg
地上からの高さは約60m。
地上からでは見ることのできないドローン撮影ならではの迫力のある景色です!
人が蟻よりも小さく見えます。
★DJI_0456.JPG【さらに上空へ】

発掘調査現場には、当時の駿府城の天守台と同じ高さの12mのポールがあります。

★IMG_8937.JPG【高さ12mのポール】
そのポールと同じ高さから撮った写真がこちらです!
★DJI_0507.JPG 
静岡市のビル群を一望できます。
天守はさらにその上に建っていたと考えると、天守の大きさを実感します。

富士山と発掘調査現場のコラボレーション写真を撮ろうと試みましたが、曇りのため、
富士山を撮影することはできず・・・
冬の空気の方が澄んでいるので、冬にまたチャレンジします。お楽しみに!

2021.10.04掲示物を新しくしました!

きゃっしる内の掲示物を少し変更したので紹介します。
まずは「江戸時代の駿府城下町をのぞいてみよう!」を設置しました。
こちらは入り口正面の案内看板裏の家康の西洋時計(複製品)の隣にあります。
   
★IMG_0105(やじるし).JPGのサムネイル画像 ★IMG_0420丸付き.jpg 

★IMG_0421.JPG
江戸時代の絵地図を元に、「武士」、「町人」、「静岡浅間神社」の3つの視点から当時の暮らしを紐解いています。
ちょっとしたクイズがあるので、現在の静岡市と比較しながらぜひ考えてみてください。

次にアンケート回収BOXの掲示を変更しました。
★IMG_0283.JPGのサムネイル画像 ★IMG_0494.JPG
       【before】            【after】

★IMG_0503.JPG
きゃっしるでは簡単なアンケートを実施しています。お手数ですが、ご協力の程よろしくお願い致します。

パンフレットのコーナーも、より分かりやすいようにPOPを付けました。
★IMG_0442.JPG ★IMG_0499.JPG 
      【before】              【after】
★IMG_0432.JPG ★IMG_0493.JPG
      【before】              【after】
「駿府城」まるわかり(500円)、駿府城跡天守台まるごと発掘③(200円)、④(300円)
きゃっしるとなりの事務所にて販売中です。ぜひお手に取ってみてください。

このように少しずつですが、きゃっしるは変化しています。
展示替え後のきゃっしるをまだ見に来ていない方はぜひお越しください。

2021.09.30「令和3年度 静岡市文化財特別公開」を開催します。

「静岡市文化財特別公開」とは・・・

文化財特別公開とは、文化庁が定めた「文化財保護強調週間」(11月1日~11月7日)に合わせて、ふだん見ることができない静岡市内の文化財について、特別に期間限定での公開を行うものです。

5年目の開催となる令和3年度は令和3年10月1日(金)~12月16日(木)の期間で、静岡市内4か所の文化財を特別に公開します。

<お願い>

※新型コロナウイルスの感染対策にご協力ください。

※貴重な文化財が多く公開されます。ご案内くださる所有者様の指示に従い、

文化財を傷つけないよう安全にご拝観・ご見学ください。

※公共交通機関をご利用ください。

※公開予定について、所有者様のご都合により変更になる場合がございます。

変更の情報は当ブログに掲載しますのでご確認の上、お越しください。

久能山東照宮(くのうざんとうしょうぐう)

みどころ:重要文化財の徳川家康関係資料の一部を久能山東照宮博物館にて公開します。

公開期間:10月1日(金)~12月1日(水) 9:00~17:00(最終入館16:45)

見 学 料:大人 800円、小・中学生 300円 ※社殿拝観・博物館見学共通券

問 合 せ:久能山東照宮 ☎054-237-2437

住  所:駿河区根古屋390

アクセス:JR静岡駅北口バス11番のりば 日本平線「日本平ロープウェイ」下車

     ロープウェイにて5分

清見寺(せいけんじ)

みどころ:県指定文化財の清見寺朝鮮通信使関係資料等を宝物館にて特別に公開します。

公開期間:10月10日(日)~10月17日(日) 10:00~12:00、13:00~15:00

拝 観 料:大人300円、中・高生200円、小学生100円

問 合 せ:清見寺 ☎054-369-0028

住 所:清水区興津清見寺町418-1

アクセス:JR清水駅西口バス1番のりば三保山の手線但沼車庫行

     「清見寺前」下車 徒歩2分

静岡県埋蔵文化財センター

みどころ:県指定文化財の堂ヶ谷廃寺・堂ヶ谷経塚出土遺物の一部を特別公開します。

公開期間:10月14日(木)~12月16日(木) 9:30~16:30

休 館 日:土曜・日曜・祝日 ※10月16日(土)は開館

見 学 料:無料

問 合 せ:静岡県埋蔵文化財センター ☎054-385-5500

住 所:清水区蒲原5300-5

アクセス:JR新蒲原駅より徒歩30分

     国道1号線蒲原東ICより車で3分

臨済寺(りんざいじ)

みどころ:「秋の特別公開」にて、通常非公開の庭園や文化財を見ることができます。

公開期間:10月15日(金) 10:00~15:00

拝 観 料:無料

問 合 せ:臨済寺 ☎054-245-2740

住 所:葵区大岩町7-1

アクセス:JR静岡駅北口バス16番のりば

中原池ヶ谷線唐瀬営業所行「臨済寺前」下車徒歩5分

★お問い合せは文化財課(054-221-1066)へ

2021.09.28展示替え後のきゃっしるの見どころを紹介!【後編】

今回は後編です。前編を見ていない方はこちらからご覧ください。

・パンフレット・チラシコーナーを作りました
パンフレットとチラシのコーナーをきゃっしるの中央部分に設置しました。
★IMG_9967丸付き.jpg ★IMG_0111.JPG 
どんなパンフレットが置いてあるのか一目で分かります。パンフレット・チラシは無料ですので、
ぜひご自由にお持ち帰りください。

★IMG_7968hosi.JPG
また駿府城跡天守台まるごと発掘③(200円)、④(300円)「駿府城」まるわかり(500円)も販売しています。
駿府城跡天守台まるごと発掘③は、平成30年の調査成果について、④は、慶長期・天正期天守台についてはもちろん、
金箔瓦などの多くの出土品について分かりやすく説明してあります。ぜひお手に取ってみてください。
※③は残り僅かです。ご購入はお早めに!


・サイン色紙の展示スペースを作りました
★IMG_0147.JPG
これまで発掘調査現場に来場された有名人の方のサイン色紙を展示しています。
こんな方が来ていたの!?という驚きがあります(笑)ぜひご覧ください。

きゃっしるの展示替えについては、これから部分的にですが随時更新していきます。
また変更した箇所がありましたらブログでお知らせ致します。
新しくなったきゃっしるにぜひお越しください。

Page Top