歴史文化のまち静岡さきがけミュージアム

最近の記事

カテゴリ

アーカイブ

文化財ブログ

2022.12.01国重要無形民俗文化財「有東木の盆踊」を含む「風流踊(ふりゅうおどり)」が、ユネスコ無形文化遺産に登録されることが決定しました。

国重要無形民俗文化財「有東木の盆踊」を含む「風流踊(ふりゅうおどり)」が、ユネスコ無形文化遺産に登録されることが決定しました。

有東木の盆踊.JPG有東木の盆踊

国重要無形民俗文化財「有東木の盆踊」を含む「風流踊(ふりゅうおどり)」が、ユネスコ無形文化遺産に登録されることが決定しました。

「有東木の盆踊」とは、

葵区有東木地区に伝承される814日・15日に行われる盆踊。男踊り、女踊りに分かれ、飾り灯籠を頭上にかかげ踊る等の特徴があり、中世から近世初期に流行した歌と踊りを伝承する古風な踊りです。詳細は以下参照。

有東木の盆踊

「風流踊」(ふりゅうおどり)とは、

華やかで賑やかな、華美な人目を惹くようなもの、を語源とし、趣向をこらした衣装や持ち物を用い、歌や笛、太鼓、鉦(かね)などで囃(はや)し、踊る。先祖供養、豊作祈願等の願いが込められます。

「ユネスコ無形文化遺産」とは、

  日本では、現在22件が登録。2020年に「伝統建築工匠の技」が登録され、これに次ぐ登録です。

以下のリンクから、有東木の盆踊の映像をご視聴いただけます。

歴史文化のまち静岡さきがけミュージアム 受け継がれてきた民俗文化

登録内容の詳細はこちらから

文化庁HP

お問い合せは文化財課(054-221-1066)へ

2022.12.01NHK「ブラタモリ」で発掘調査現場が登場します!

某日、発掘調査現場にてNHKの大人気番組「ブラタモリ」の収録がありました。
今回のブラタモリの舞台は静岡。家康にゆかりのある静岡にタモリさんが訪れ、旅のお題である「家康が愛した駿府ってどんな所?」を探ります。
江戸城よりも大きい駿府城を見たタモリさんの感想は・・・!?
家康・慶喜にまつわる秘話や駿府城の立地の驚くべき秘密など見どころがたくさん!
放送は 2022年12月3日(土)19時30分~ です。
詳細はこちらをご覧ください。(https://www.nhk.jp/p/buratamori/ts/D8K46WY9MZ/) 

駿府城跡天守台俯瞰画像(ドローン撮影).JPG ★IMG_2629.JPGのサムネイル画像

ぜひご覧ください!!

2022.11.15家康公お手植えミカン

家康公お手植えミカンが今年も実りました。
★IMG_2622.JPG ★IMG_2627.JPG
 
去年の家康公お手植えミカンの記事はこちらです。併せてご覧ください。
家康公お手植えミカンとは、当時家康公が自ら植えたといわれているミカンです。

このミカンは鎌倉時代に中国から入った紀州ミカンの一種と言われており、香りの強い種のある小粒の実が特徴です。
毎年この季節になると色づき始め、秋の訪れを感じさせてくれます。
家康公お手植えのミカンは、発掘調査現場のすぐ隣にあります。
駿府城公園地図.PNG
【駿府城公園内地図】

★IMG_2615.JPG
 【家康公像と家康公お手植えミカン】
今の季節しか見ることのできないコラボレーションです!

発掘調査現場からも家康公像が見えるのはご存知でしょうか?
発掘調査現場からは家康公の背中が綺麗に見えます。
★IMG_2613.JPG
 【発掘調査現場東側付近で撮影】
このようにいつも見ている家康公像とは違った写真を撮影することができます!
ぜひ家康公お手植えミカンを見に来た際は、発掘調査現場にもお越しください。

2022.11.08静岡 御城印・魚朱印巡りを開催しています!

近年御朱印集めがブームですが、皆さん御城印(ごじょういん)・魚朱印(ぎょしゅいん)はご存知でしょうか?
御城印.jpg
 魚朱印①.jpg魚朱印②.jpg 
  【御城印 駿府城公園】   【魚朱印 スマートアクアリウム静岡】
御城印は城版、魚朱印は水族館版の御朱印で、施設を利用すると記念として購入できます。

10月1日(土)から駿府城公園とスマートアクアリウム静岡(静岡市葵区)とのタイアップ企画として、「静岡 御城印・魚朱印巡り」を開催しています。開催期間は11月30日(水)までで、開催期間中に御城印と魚朱印を両方集めた方には、オリジナルコラボ缶バッチをプレゼントしています。
記念缶バッチ.jpg
 【オリジナルコラボ缶バッチ】
こちらの缶バッチは、先着1000名となっています!
ぜひこの機会に両施設を巡って、オリジナルコラボ缶バッチをゲットしてみてください♪
詳細はこちらをご覧ください。

2022.10.25石垣の石に注目!

発掘調査現場で石垣を観察していると、切り取り線のような穴があいているのを見かけることがあります。

★IMG_8305矢印付き.jpg【発掘調査現場撮影スポットにて】
これは「矢穴(やあな)」といい、石を加工する際についた痕です。

矢やノミなどの道具を使って石を加工したと言われています。

どのようにして石を加工したのかというと、まず割りたいラインに沿ってノミで穴をあけます。これを矢穴といい、その中に矢(くさび)を入れ上から叩くと石が割れます。このようにして石を加工し、石切り場から駿府城に運びました。

東御門・巽櫓の展示では、石の加工の仕方や石垣の積み方など駿府城がどのように築城されたのかパネルやジオラマでわかりやすく紹介しています。
★IMG_4648.JPG
  DSC_2301.JPG
   
   【慶長期駿府城ができるまで】    【当時の石を加工する様子を再現した模型】

発掘調査現場の石垣には、矢穴が残された石が多く見られます。発掘調査現場にお越しの際はぜひ矢穴を探してみてください。

Page Top